バブルバック ステン・カバード「スモセコ」【ROLEX】


アイテム: バブルバック ステン・カバード「スモセコ」【ROLEX】
コード: 5192
コンディション: E
(コンディションの説明)
年代: 1940年代
価格:
※応相談
※こちらの商品についてはお問い合わせ下さい。

詳細:
​ロレックス・カバード(フーデッド)モデル、オリジナルの「PATENT OYSTER」と刻印されたアンティーク・リューズ仕様。

1930年代から50年代に掛けて「ロレックス」の主力モデルは、バブルバック (Bubble Buck) と呼ばれたモデルです。

カバード(フーデッド)とは、バブルバックのラグ部分にカバーを取り付けたモデルですが、当時余り好評ではなかったのか生産数が極めて少なく、当然「現存」している数も限られ、マニアの中では希少モデルとして人気があります。

ケースやフード(カバー)の素材には、ステンレス・ゴールド&ステンレス(コンビ)・ゴールドの3種類あり、現存数が多いのがコンビで次がゴールド、ステンレスモデルは極端に少なく、オリジナルダイアルが付いたモデルは数百万で取引されています。

本品は、ロレックス・カバード(フーデッド)ステンレスモデルで通称「ステン・カバード」と呼ばれています。

備考:
1940年代の自動巻きモデル、ステンレススチール・オイスターケース(縦:XXmm ラグ含む、横:XXmm リューズ含まず、厚み:XXmm)、6時位置のスモセコ文字盤、プラスチック風防、ステンレス・ジュビリーブレス。
ダイアルは残念ながら、リダン(オリジナル・ダイアルをリメイク)です)。

【バブルバック】
バブルバックとは、自動巻き時計「草創期」に製造された分厚い裏蓋のことを言います。この裏蓋の中に自動巻ムーブメントを搭載していたことで分厚くなり、現行の時計にはない重量感があります。その形状が泡のように膨らんでいることから、泡を意味する「バブル」と、裏蓋の裏を意味する「バック」の2つが組み合わさり、「バブルバック」と呼ばれるようになりました。

【スモールセコンド】
スモールセコンドとは、文字盤(ダイアル)の中央から離れて独立して配置されいる秒針のことです。6時位置に配置されることが多いですが、3時位置・9時位置に置かれるものもあります。通称は「スモセコ」と呼ばれています。


その他の画像