日本製!!別所ハリケーン・ランタン /NO.1000【WINGED WHEEL】


アイテム: 日本製!!別所ハリケーン・ランタン /NO.1000【WINGED WHEEL】
コード: 6955
コンディション: E
(コンディションの説明)
年代: 年代不詳
価格:
※応相談
※こちらの商品についてはお問い合わせ下さい。

詳細:
Made in Japan !!別所ランプ(WINGED WHEEL)No.1000 ハリケーンランタンです。

ヤフオクで見つけ購入しました、画像は「出品者様」のを流用させて頂きました。

サイズ:(約)幅17cm 高さ31.5cm、ホヤガラスの割れはありません。ウイックは4分芯12ミリ幅の芯を使用、燃料は灯油かパラフィンオイル(推奨)

備考:
昭和50年頃、イチゴやフキ等のハウス栽培で寒い時期にビニールハウス内の温度を上げる為に大きなロウソクを使っていました。
もっと使い易いものはないかとの農業資材の問屋さんの要望で、当初は別所製作所の「No.500ハリケーンランタン」が使われました。
使ってみると、天井や植物についたツユが落ちてきて「ホヤ」に当り割れてしまうと言う問題点があり、その改良策として「リフレクター」を付けました。(No.2000以降のモデルではランタンの笠を大きくしました。参考画像参照)
その後もっと長時間の使用を可能にしたいとの要望を受け、油壺部分を大きく改良し現在の#1000ハリケーンの形状に到達しました。(No.1000/2000/3000等の農耕用に開発されたハリケーンランタンは、昭和54年〜55年頃に必要とされ開発されました)

二酸化炭素濃度の「施肥効果」の恩恵を受ける。
ハリケーンランタンは灯油を燃焼して火を灯します。
この際に出る、大量の炭酸ガスにより思わぬ効果がありました。
植物は光と水と二酸化炭素により光合成を行い成長します。
二酸化炭素は植物の成長を促す肥料の役割を果たします。
この「施肥効果」の効用によりハリケーンランタンを用いたハウスでは、植物の成長が促されて良い結果に繋がりました。

その他の画像

裏面画像

横面画像

拡大画像-1

拡大画像-2

拡大画像-3

拡大画像-4

リフレクター

参考画像 No.2000